稲垣材木店の思い

原点を見つめる
家づくりを哲学する
稲垣材木店が考える家づくりとは、作り手(設計者/施工者)の自己満足のための作品ではなく、住まい手と共に造るものだと考えています。 “家づくりは住まい手の生き方までも変える力”がございます。生き方と捉えると、簡単にアレコレとはいかず、難しく、そして楽しい時間です。設計段階の際はもうこれしかないと言えるぐらい、納得がいくまでお付き合いいたします。つくり手はどうか?ご安心ください。難しい構造材の加工(上棟時の刻み)もこなせる最高の技術を持った大工さんたちです。和室に拘りたい方もお任せください。
人に優しい住まいへの拘り
「木の家」人と自然と生きる家
私ども稲垣材木店では社名の通り、昭和8年、材木店からスタートし、設計・施工と歩みを進め、仕入れから施工までワンストップでサービスを行っております。様々な経験から、木の目利きに関しては自信がございますので、お客様のご要望に合わせ、最高の木をご提供できます。稲垣材木店の掲げる最大のコンセプトとして、“人に優しい住まい”があり、人に優しい素材に着目し、自然素材を採用しております。その中でも木に関しては、天然木を使うことで、合成材や集成材では得られない、風合いや湿度の調整をする働きなど、ビジュアル面や機能面を追求することで、コンセプトに沿ったご提案をしております。また、左官材料や自然塗料、エコクロスなど、人に優しい素材に拘りを持ってご提供しております。
デザインと性能への拘り
長持ちする住まいは心臓部が丈夫
デザイン(意匠的)がいい。性能(構造的)がいい。
どちらが欠けても末長く住むにあたり必要不可欠です。デザイン面では流行だけを追ってしまっては、ブームが去った時に悲しい結末が待ちかねております。快適に過ごすためにはしっかりとした構造(設計)が必要となり、稲垣材木店では10.20.30年後を見据えた住宅設計を行っており、ゼロエネルギーハウスの性能はもちろん、住まう方の環境(地域)に応じた風の流れ、気温の変化、風土(地形/使い勝手)に合った計画をすることでよりお客様に合った住宅へと具現化していきます。また、地球環境にも優しい暮らし方をご提案しております。
快適な生活への拘り
住まう方への配慮が重要と考える
一生青春という心意気でも、人の身体はそうはいかないもの。将来を見据えた設計を得意とする稲垣材木店では、温熱環境の変化を念頭に置き、ヒートショックや熱中症対策を考慮した設計を、段差の少ない床や手摺や使いやすさをプラスしたバリアフリー化を初期段階で行います。
数値への拘り
ひとつひとつをしっかりと
お客様へ快適な生活を送っていただくためには、しっかりとした設計をもとに構造計算、省エネルギー基準計算、気密測定、地盤調査などを行い、お客様に満足していただけるご提案をいたしております。平成7年より高気密、高断熱住宅に取り組み、ゼロエネルギーハウス仕様へと自信を持ってご提供できるレベルまで拘り続けており、BELSといった第三者機関にて評価をしていただくことにより、より一層、ご提供できる住宅への安心感を持っていただいております。

稲垣材木店では新しい確かな技術は積極的に取り入れますが、過度な設備だけに頼らず、本来の自然素材の持つ機能の素晴らしさも壊さないよう、心がけております。