よくある質問

稲垣材木店の特徴を教えてください。

T’sの思いのページで詳しくご説明しています。

土地探しのサポートはしていただけますか?

お客様のご要望にあった土地探しをするシステムを備えています。担当のコンシェルジェがお客様の目線になって誠心誠意サポートしますので、ご安心ください。また、土地を探されている最中でご契約前であっても検討中の土地に対して建築のプロとしてアドバイスさせていただきます。

リノベーションや店舗・オフィスも対応していただけますか?

もちろん小さな工事からリノベーションや店舗の設計・施工も得意としております。リノベーションは、ただキレイにするリフォーム工事ではなく、現在の問題点から使いやすく居心地の良い空間づくりをご提案します。工事費用についても、工事全般を執り行っていますので、設備機器でいうと定価の30~50%オフにてご提供しています。店舗・オフォスについてもこれまでに飲食店・サロン・美容室・ディサービス施設など、多数の実績がありますのでお気軽にご相談ください。

相談するにあたって、何か準備しておく必要がありますか?

既に土地が決まっている方や検討中の土地がある方は土地の資料をお持ちください。その他には特別にご準備いただくものはありませんが、実現したいと思っている家のイメージに対する思いや、家を建てるうえで重要視されている点をお聞かせください。その他、ご予算、現在のライフスタイル等をお伺いします。

資金計画や融資のご相談に対応して対応してもらえますか?

家づくりでは資金計画も重要なひとつだと考えております。無理のない資金計画のご提案や融資方法についても対応させていただきますので、ご相談ください

家が完成するまでにはどのくらいかかるようでしょうか?

素敵な家ができるまでのページで詳しくご説明しています。

高気密・高断熱住宅というと息苦しいイメージなんですが

T’sの住まいの気密のレベルは、コンクリート造のマンションとほぼ同じです。確かにマンションの様な気密性の高い住宅は、十分な換気をせず閉め切ったままでいると室内の空気が淀みシックハウスになる危険が大きいと言えます。一方で、従来の戸建て住宅の自然の風や気圧に任せた換気では、必要なときに必要な換気量を確保することが困難です。つまり 、寒暖や湿度に左右されやすい上に換気が十分にできない非常に住みづらい環境ができあがってしまいます。
ご提案する計画換気された高気密・高断熱住宅は湿度40~60%で、多少室温が高くてもさほど暑さを感じさせず、新鮮な空気が絶えず流れてくる理想的な住宅といえます。また、床下や小屋裏も換気をしていますので、湿気がこもる事がほとんどありません。ティーズの住まいで一年を過ごされた時、湿気や底冷えの不快な記憶がほとんど無いことに気づかれると思います。

シックハウスが気になります、どのような建材を使ってますか?

シックハウスの主な原因となる新建材の使用は極力避け、内装材や塗料には自然素材を使用することにより、室内環境汚染の危険性を大変低くしています。また、汚染の可能性を更に低くするため気密性を高め計画的な換気をしています。

自然素材のみを使用した従来型の「自然の家」がやはりいいのでは?

多くの方が、イメージされている『自然の家』とは、珪藻土や無垢材、和紙、炭などの自然素材を使用した健康的な家と考えられるでしょう。そういった調湿効果や防カビ性があると言われている自然素材を使用することはとても良いこころみです。
ただし、自然素材にも限界があり、十分な換気や断熱が行えないと珪藻土や無垢材にもカビが生えます。やはり、根本的な原因(湿度や温度)を解決しなければ、快適な空間とはなりえないでしょう。十分な断熱で室内での温度差をなくし、気密性を高めて計画的な換気を行い、更に自然の素材を使用する事により、真のエコロジー住宅に近づくのではないかと考えています。